いちとせ備忘録

乙女ゲー感想中心のブログです。

喧嘩番長乙女 吉良麟太郎 友情エンド

 キラリン(CV細谷佳正さん)友情エンドを見ました。

 

 吉良先輩はずっと(過去の)ひなこのことばかり気にしていてなかなか思い切りの足りない感じでした。

 でもこれ、ひなこにも責任はないか…?

 ひなこはひなこで、過去のひなこより今の自分を見てほしい、と思っていて、ちょっと身勝手な面も感じました。まあ、先輩のこと忘れてましたしねえ。

 

 吉良先輩は声やビジュアルはかなり好きですが、うじうじ悩んでいるところはあんまり好きくないです。

 

 友情ルートでは、2年のトップが1年のひなこにアゴで使われていると噂が立ち、2年の中で不穏分子が反乱を起こします。それを未良子先輩がシメて、1,2年をシメてるひなこと対戦することになりますが、それは吉良先輩を呼び出す口実だった模様です。

 今のひなこ(ひかる)のことをそんなに気にしてないように見えて気にしていたようです。

 

 でもねえ…。永遠に性別を偽れるわけでもないのに、今後どうするんだろう…、とちょっと思ってしまいました。それはどの友情ルートでも言えるかもしれませんが。

 

 

 

 あと、アンジェリークspecial2をちまちまとやっています。

 レイチェルにハンデもらったのに、負けてる…。レイチェルつよい。今回はヴィクトール様とティムカ様狙いだったんで、守護聖様方にあまり取り入ってなかった(?)ので、育成も不利だし、どっちが女王に向いてるか選挙でも圧倒的に負けているので、最初からやり直すべきかちょっと考えてしまいました。

 星の数に差をつけられて、選挙でも大敗を期したのに反撃のチャンスはあるのだろうか。

喧嘩番長乙女 吉良麟太郎 恋愛エンド

 吉良先輩クリアしました。

 

 先輩は、ひなこちゃんが暮らしていた施設に半年ほどいたお兄ちゃんで、ひなこをいつも守っていました。

 共通ルートで鬼ヶ島ひかるはひなこではないかという疑いを掛けられますが、喧嘩で勝って男だと思わせます。

 

 先輩はひなこちゃんに会いたがって施設も訪ねますが、ひなこちゃんが身バレしたらやばいので園長さんに箝口令を敷きます。

 でも結局はバレます。

 

 吉良先輩はちょう分かりやすくひなこに好意を寄せていますが、ひなこはお兄ちゃんは妹として見ていない…、とまだるっこしい(!?)すれ違いが発生します。

 

 吉良先輩は影がある男性というか、まあ不幸な生い立ちがあって家族を捨てて生活していますが、そうもできず、結局ひなこも巻き込まれ(しかし自分から首を突っ込みましたが)御家騒動が解決すると恋愛も成就します。

 

 先輩はクールな人ですが、思いはストレートに言うので、分かりやすい人で結構可愛かったです。

 

 ひかる(本人)はひなこちゃんがお兄ちゃんお兄ちゃんと吉良先輩を慕うのが面白くないらしく、拗ねたり身辺調査をしたりします。

 可愛いね…。

 

 

喧嘩番長乙女 金春貴之 友情エンド

 最初から始めて、サクサククリアできました。まあ、一回見たイベントはスキップが早い。

 

 恋愛としてではなく、友情として金春くんを大切に思うひなこちゃん。家族や友人を大事にする感じがいいですね。

 

 恋愛ルートとは異なり、地下格闘場で二人は戦う羽目になります。なかなか熱い展開でした。

 

 金春くんは家族思いで良い奴です。

 

 あと、試験勉強しならがスパーリングやるのはなかなかにシュールでした。

 

 

 

 次は吉良先輩行きたいなと思っています。

 

 

 

 

 あと、サンドリオンパリカをやってみたいなあと思います。でも、switchの本体をまだ持ってないです…。コルダオクターヴも予約しましたし、遙か6DXを買うつもりでいるので、いずれは本体を買わなければいけないですが。

 パリカ、CEROが高くないから、古き良きオトメイトっぽいと思うんですよね…。二世の契りやって、このくらいの糖度が好ましいと思いました。

 

 オタク仲間(しかし乙女ゲオタクではない)の方に、恋愛ゲームで糖度が高いのはちょっと辛い、と言いましたら意外だと言われました。そんなもんなんですよ、ユーザーは我儘ですよ。

 

喧嘩番長乙女 金春貴之 恋愛エンド

 喧嘩番長乙女で2人目のエンディングを迎えました。

 

 金春くんは、ストイックな美少年で女が苦手です。

 でも、ひなこちゃんが女だとバレて気まずくなったとき、のちにちゃんと謝ったら許してくれて認めてくれました。金春くん大人…。普通だったら縁を切られかねない感じになりますよね…(そういうこと思うわたしは無粋だなあ)

 

 ストーリィの展開が、よくここまで話を広げてまとめたな?! って思いました。

 あと、斗々丸くんが頭いい。勉強できるだけでなく話が早い。

 

 あと、ラスボス(?)との戦いで負けてしまったけれど、「勝ったことにする」選択肢が現れて、ゲームとしてはイージィなのかな、と思いました。わたし、喧嘩番長乙女のコマンド入力苦手かもしれない…。パニクって間違えてしまう。

 

 

 あと、友情エンドは結構前から漢レベルを上げなくてはいけないし、ストーリィもそんなに変化がないので、ちょっと足踏み…。

二世の契り 想い出の先へ 瑠璃丸

 瑠璃丸くんとは厳密には恋愛関係になりません。

 

 可愛い弟のような瑠璃丸くんは、親しみやすく素直で可愛いです。

 二人で布団に入って怖い話で盛り上がって、寝てしまって朝起きたらマジ寝してて帰ってきた雅刀に「一緒に同衾するなんて!」とめちゃめちゃ怒られますが、まあ、雅刀真奈ちゃん好きだしね…。ってなりました。

 

 真奈ちゃん勘助とは前世の縁があるし、雅刀とは同じ時空出身者だし、運命の人多いな?!

 

 瑠璃丸くんが、御使い様は先の世で生きるなら、今この時代にご先祖様がいるのでは? という考えに至り、その女性をお守りするぞ! となって、真奈ちゃんのご先祖様になりました。

 

 

 

 さて、これにて二世の契りFDはクリアしました。買ったときは2011年くらいだったのに、全クリにこんなに時間がかかりました…。シナリオゲーはノらないとなかなか進められない系ダメ女子です。

 

 今年に入って全クリorトロコンできたゲームは6本になりました。

 去年の目標は、年間10本だったのでペースとしては全然間に合ってないです。これから2か月弱で4本出来る自信はまるでないです。

 ノルマは設けないほうがいいのかな…。指標にはなりましたが。

 

 全クリ出来てないけどプレイ時間の長いゲームは多いですね。主にネオロマです。

 

 ちなみに読書は現在107冊です。確か。

二世の契り 想い出の先へ 刀儀兼久

 刀儀さん(CV大塚明夫さん)と恋愛しちゃいました。

 乙女ゲーはもっとおじ様枠増やしたほうがいいと思います!!

 

 ホントダンディな軒猿です。

 怒ったら怖いですが、真奈ちゃん相手には丁寧に接してくれます。

 

 真奈ちゃんは元の世界へ帰ろうとせず、戦の世界で生きることを決めますが、刀儀さんは反対します。

 でも、刀儀さんも真奈ちゃんと一緒に過ごしたいと思っていて、引き留めることを恐れていたようでした。

 

 刀儀さんは、昔、抜け忍になった弟がいて、刀儀さん自らが手にかけた過去がありますが、弟は絶対自分を許さないだろうと、遺髪の入った墓の前で言います。

 それでも、真奈ちゃんと幸せに生きながら詫び続けると言っていました。

 

 二世はCEROが低い(この表現は正しいのだろうか)ので、妄想が滾りますねえ。夫婦になってもエロを匂わせない、古き良きオトメイトという感じです。

 

 わたしは、二世では翠炎が好きですが、刀儀さんもかなり好きです。

 自分の父親より年上ってエロいですね~~(??)

 でも見た目より、「60はいってないと思う」と雅刀が言ってましたが、白髪を染めたりしてないからご年配に見えてしまうのでしょうか。

 逞しい老体…。エロい…(語彙がない)

二世の契り 想い出の先へ 山本勘助

 山本勘助(CV櫻井孝宏さん)クリアしました。

 

 結局勘助が不老不死であることの謎は解明されませんでしたが、真奈ちゃんの前世のことは少し分かりました。真奈ちゃんは前世は身分が低く辛い生活を強いられていたところに勘助と出会い、「奏」という名を貰います。

 里の者に捕らえられた勘助を助けるために、勘助を騙して逃がしますが、里の者にそれが発覚してしまい、酷い暴力の上殺されてしまうのです。真奈ちゃん明るいから、なかなか想像に耐えない前世……。

 

 それから勘助は300年生きて乱世の時代に再開を果たし、真奈ちゃんを奏と呼んで自分の元に来るように説得しますが真奈ちゃんは「私は奏ではない」ときっぱり言い放ち、謙信様をお守りする役目を果たすと現代に帰ります。ギリギリのところで、勘助は「先の世で再会しよう」と言い、本当にその450年後に生きて再会するのでした。

 

 勘助は大学で教鞭を取っていますが、それだけではなく私立大のオーナーもやってました。何その昔のBLの攻め様みたいな設定。

 

 真奈ちゃんはスパダリの勘助に自分が相手で本当にいいのか、とかいろいろ悩みますが、勘助は真奈でなければならない、と説得してくれます。

 

 最後のほうで驚いたのは、謙信様の泉で現代に帰るときに、勘助にほいほい付いて行ったら恐らくお前を殺していただろう、ってところです。殺して自分のものにしようと。

 それを真奈ちゃんは突っぱねて現代に戻ったから、自分は真奈ちゃんに会うために生きているのだ、と確信したそうです。何そのCERO低めに見せかけて重い話。好みだけど。

 

 真奈ちゃんに再会して、身体に変化が訪れていると言っていました。風邪を引いたり、食欲が以前より増したり。一緒に老いて死ぬのが夢だと言っていました。

 また、置いて逝くのは忍びないですしね…。

 

 

 

 ちょっと思ったのは、真奈ちゃんちょっと幼過ぎない? という点でした。年相応より子どもに見えることがあるなあという印象です。良い意味では素直、悪く言えば幼稚というか。こちらが老成しただけでしょうか…??