いちとせ備忘録

乙女ゲー感想中心のブログです。

下天の華 with夢灯り 愛蔵版 森蘭丸 夢灯りエンド

 蘭丸夢灯り見ました。

 最初のほうはほたるちゃんのことが忍びだから信用できない、みたいなマイナスからのスタートでしたが、徐々に心を許し、友になりたいですと蘭丸からも言ってくれます。

 

 白の城主になる未来を全然想像しない蘭丸にほたるちゃんは諭しますが、そうか、蘭丸が生きているとそういう未来になるんだなあ、と思いました。

 しかし、信長様が太平の世を作った暁の未来(現代)はどうなるのかなあと思いました。史実が異なると現代の成り立ちも変わっていくのでしょうか。

 

 安土の盾(ほたるちゃん)が信長様暗殺の嫌疑が掛かっても、一心に信頼してくれる蘭丸。彼の心根の真っ直ぐさは眩しくて、若いっていいなあと思いました。ほたるちゃんも似た者同士と言われますが、本当にそうだと思います。

 

 一連の首謀者の沙汰が下される前に、蘭丸は庇い立てしますが、ちょっとそこは臭いと思ってしまいました。優しいというか甘いというか。信長様も蘭丸に易々と絆されてしまうあたり、今後が心配になります。信長様優しすぎる。

 

 

 

 さて、無事コルダ3あの夏の僕らのすべてBOXが届きました。

 最初は、函館天音からやろうと思います(トーノ√入りたいです)

 なんかすっかりオクターヴに気を取られていましたが、あっという間でしたね…。

下天の華 with夢灯り 愛蔵版 百地尚光 夢灯りエンド

 師匠と恋愛しました。PSPでは確か未プレイだったので初めて見ました。

 

 市で夫婦に間違われて、ほたるちゃんが「私達ってどう見えているんでしょうか?」に「幼な妻だろう」って言って耳を赤くするのがすごく可愛かったです。

 

「大切な人」「一緒に居たい」みたいなことを言っているほたるちゃんを叱る師匠はなんかもう意識してたんですね。可愛い師匠ほた可愛い。

 

 あと、もう信長様が信長様あああ! って感じで下天の素晴らしさは信長様の懐の広さだなあと思いました。

下天の華 with夢灯り 愛蔵版 織田信行 夢灯りエンド

 師匠見ようかと思っていましたが、もしかしたら攻略制限かかっているかも? と思い先に信行ちゃん攻略しました。

 

 信行ちゃん!!! 可愛い! 好き!

 

 床に臥せっている信長様(演技)に涙ながらに縋る信行様がすごく真に迫っていて、ちょっともらい泣きしてしまいました。

 ほたるちゃんのためなら、謀反人を演じてもいいと覚悟を決めて犯人を炙り出します。

 ちょっと思ったのは、下天って終盤の怒涛の展開は主人公置いてかれぽっちになりますね…。知らないから仕方ないかもしれませんが。

 

 

 

 コルダ15thで新情報がやってきましたね。

 遙かは舞台とイベントぶつけるのはちょっと考えてほしいなあと思いました。ンサーに優しくない。

 あと、コルダオクターヴ…。眩暈が…。

 早期特典とか卑怯な手を…!!

 

 なんだかコルダ3vitaに集中させないみたいな感じがしました。

陰摩羅鬼の瑕 京極夏彦

 やっと読み終えました。

 

 犯人が一発で判るタイプの小説でしたが、「そうきたか~~!」ってなる展開でした。

 事件が起こるまでが長いですが、最後のほうで畳みかけるように謎解き(憑き物落とし)するのはすごく爽快感がありました。

 

 

 

 話題がずれますが、よく京極夏彦先生と森博嗣先生って同じジャンルにカテゴライズされることが多いですね。でも、両者を文系と理系で判別するのはなんだか早計な気がします。でも似ている気がするのもなんとなく判ります。上手く換言できないですが…。

 

 京極先生癖になりますね。次読むのが勿体ない気分です。

下天の華 with夢灯り 愛蔵版 織田信長 夢灯りエンド

 なんだか随分積んでいましたが、ネオロマな気分だったので信長様クリアしました。

 

 ネオロマってキャラがブレないですね。安定感があります。流石老舗。

 

 信長様は、ほたるを危険な目に遭わせないように安土を離れるように言いますが、一見冷たく言い放っても、ほたるを想っていることは明白で、ほんわりしました(あまりそんなシーンではない)

 

 犯人を見破るのも早かったですし(先に気付いたのは光秀兄さまでしたか?)影の首謀者との一騎打ちに持ち込もうとする当たり漢です。

 

 常に孤高で己が道を突き進む信長様がわたしは大好きです。

 

 さて、次に師匠やろうかと思います。PSPでは師匠クリアしてなかった気がします。2周目以降解禁でよかったと思いましたが。

停電について。

 わたしの住んでいる地域は、平成30年北海道胆振東部地震で停電を起こし、昨夜(20時過ぎ頃)くらいまで停電していました。

 被災した、と言ってもいいんでしょうか。でも大変な地域はもっと大変ですからね。

 

 今洗濯機がフル稼働ですが、節電にも気を配ったほうがよさそうですね。

 

 

 電気ないとホントすることがない。スマフォの電池残量を気にしつつ、ゲーム機はもれなく充電切れ。

 できることは、明るい時間に積読を消化し、暗くなったら寝るという生活を送りました。

陰摩羅鬼の瑕」を半分以上読みましたが、続きが気になるという弊害(??)がわたしを襲います。これは読み切ってしまおうかな…。

 

 

 停電での感想。

・乾電池式ラジオ大事。一家に一台置きましょう。

・街が全体停電だと天気が良ければ、夜空がすごく綺麗でした(写真撮っておけばよかった)

・ガスで炊いたご飯は冷めても美味しい。

・蝋燭の火を見つめると、集中力がアップする訓練になります。火事に気を付けましょう!

 

 

 あと、ツイッターを観ていない間に遙か3舞台のキャストが衣裳着た写真がアップされていましたね。遙かなのに髪に色がついている!(すごく不思議な日本語)

 

金色のコルダ PSP 火原和樹 珠玉エンド

 自分を追い詰めれば追い詰めるほどゲームが楽しいのなんでだろう。

 

 それはさておき、火原先輩の珠玉見ました。これは逆注目の珠玉エンドかしら?

 

 火原先輩は可愛いですよね。先輩だけど可愛い。笑顔がワンコみたいで可愛い。

「俺、自分のことばかり考えてた」とか言ってましたが、内容が入ってこないくらいには可愛いです。

 

 あと、月森くんと志水くんの街へ出ようエンドなど見てない気がします。ついついコンクール優勝目指してしまうので、パラメータを上げまくって逆注目見られないんですよね。

 

 コルダ無印は移植してほしい気持ちはあります。でも今の声優さんの演技で収録したらまた違ってきそうですね。はるティメットみたいに。

 はるティメットはイノリくんや泰明さんなど、演技の違いを感じます。さらに上手くなったのは素晴らしいですが、前の初々しい演技も好きです。

 

 はるティメットといえば、はるティメットもやりたくなっています。今わたしの中でネオロマが再燃しています。程よいゲーム性たまりません。淡々とやるには最適です。

 だから、原稿をね?! 頑張ろうね??!! 

 

 わたし、今はネオロマの気分なんだなあ…。

 それにしても、昔のゲームのセーブデータの数絶対的に足りなくなるのです。

 

 シャレマニが気になっています。積んでいるワンドもR2の発売で気になっています。