いちとせ備忘録

乙女ゲー感想中心のブログです。

有栖川有栖を読む

 最近Huluに入って火村先生のドラマを観ているので、原作も読んでいます。

 

 江神先輩のシリーズを読んだ後に「46番目の密室」を読んだとき、文体が全然違う印象がありました。まるで違う作家さんが書いているみたい、と思った当時。

 

 ドラマ原作を追いかけていたので、時系列には読んでいないです。

 火村先生の小説は、サザエさん形式に年は取らないけど時代は変わるので、読んでいて違和感を感じたので、やはり時系列で読むべきだったかなと思いました。

 

 しかし、現代でも火村先生はへビィスモーカというのはちょっと無理があると思います。時代にあってない。

 

「狩人の悪夢」を読んで、火村先生へのアリスの友情にほっこりしました。わたしはこの二人はBLではないと思っています(人それぞれですけど)

 

 

 読書といえば、十二国記がもうすぐ届くのでそれが楽しみです。

金色のコルダオクターヴ マルトノ

 マルトノエンド見ました。切ない…。函館天音のことを思い出して泣けてきました。

 トーノとは結ばれることはないけれど、音を奏でていればずっと一緒に居られる…。切ない。

 

 ネオロマは、運命の迷宮の白龍、風花記の天海が切ないと思っていましたが、函館天音のトーノも究極に切ないですね。

ピオフィオーレの晩鐘 FINAL ルート

 アンリと恋愛エンドを迎え、大団円も見てバッドも回収しました。

 

 アンリはいずれ罰せられるけれど~という終わり方はマフィアのゲームらしく罪と罰がセットの考え方で、綺麗ごとだけではなくていいなと思いました。

 

 バッドはリリィをクロエと錯覚するアンリが怖かったです。あとよく死ぬ。

 

 大団円は、ハーレムスチルを見て、ああ大団円だなあと思いました。リリィはアンリに深入りしすぎているからあの選択肢で「罪を許さない」というのはあんまりだと思ってしまいました。アンリと逃げるエンドの方が自然に感じました。

 

 

 vitaを新調したのですが、セーブデータは生きていましたが、トロフィーのデータが引き継がれていなくてトロコンができませんでした(多分以前のからWi-Fiにつながるのは死んでいたのではないかと)悲しかったです。

金色のコルダオクターヴ 榊大地 / 水嶋悠人 / 火積司朗 / 水嶋新 / 天宮静 / 七海宗介 / 芹沢睦

 久しぶりにオクターヴやりました。

 ヴの何がこんなにダメなのかを一生懸命考えました。

 

 音ゲーが不得意だからはまれないのか? 育成がないからか? そもそもシナリオがつまんないのか? バッドエンディングがコルダらしからぬ寒々しいからか?

 

 いろいろ考えましたが、正直ネオロマの作品で一番つまんないと思ってしまいました…。なんでだろう。

 

 なんというか、大地先輩の自縄自縛のところとか、すごく中途半端に感じてしまいました。あと、天宮さんの妖精の料理のところも。

 

 でもあと、マルトノ残しているし、音ゲーパートも残しているからまだやらないとな~。

ニル・アドミラリの天秤 色ドリ撫子 帝都幻惑綺譚 大団円

 大団円ルートは途中まで隼人ルートと一緒でした。

 

 バッドを見て思ったんですが、わたしは隠さんよりヒタキくんのほうが怖いと思いました。仄暗い怖さといいますか。ツグミちゃんはやっぱり家を出ないと幸せになれない気がしました。

 

 最初にvitaでプレイしたときはもっと長く感じましたが、一回やっているから短く感じました。

 隠さんの刑は百舌山殺しだけでしょうか。しかも脅されていたから情状酌量の余地がありますし、刑期は短そう。隠さんも怖い人ですが、彼にも穏やかな未来が待っているといいですね。

ニル・アドミラリの天秤 色ドリ撫子 帝都幻惑綺譚 尾崎隼人

 隼人(CV梶さん)クリアしました。

 なんというか、シナリオは完全に隠さんが食っている気がしてならないです。隼人より目立ってないか? だから隠しキャラなのもあるかもしれませんが。

 

 何はともあれ、隼人はメインヒーローらしく快活で真っ直ぐでいい男です。実は最初にお見合いの話のあった八代さんでしたーっていう演出も憎いですね。

 攻略制限ガチガチですが、ここまで待った甲斐があったというものです。

 

 あと、葦切さんと小瑠璃ちゃんの組み合わせ可愛いですね。幸せになってね。

 

(しかし、バッドではよく主人公死ぬことが多いなあ、LOVE OR DEAEDだなあとおっさんずラブみたいなことを思いました)

 

 おっさんずラブ、わたし見たことないのですが戸次さんが出るなら観てみようかなあとちょっと思いました。でも、前とキャスト違うのっていいのかなあという気もします。

ニル・アドミラリの天秤 色ドリ撫子 帝都幻惑綺譚 鷺澤塁

 鷺澤さん(CV櫻井孝宏さん)クリアしました。

 

 鷺澤さんは喋り方は穏やかですが、カグツチのリーダーもしていて、結構ヤンチャなところがあると思います(ヤンチャで片付けていいのだろうか)医学生の割に浅慮では? とカグツチの活動で思ってしまいます。

 百舌山を追い詰めるのに他の方法はなかったのかなとは思ってしまいます。しかしカグツチの活動で、自分たちの存在をアピールしていることが目的だったのかな?

 

 ツグミちゃんがカグツチの仲間になる選択をすると悲しい結末が待っていますね。なんか殺し合ったことしか分からない状態で一緒に火に巻かれるって。

 

 vitaで一回プレイしましたが、攻略を忘れていて戸惑いました。バッドに行っちゃったから…。最初から遡ってプレイしました。